伊藤維建築設計事務所

House YN / 2015

A two-story timber housing renovation for a retiring couple, who had ordered and constructed it for their own family decades ago. After experiencing length of lives outside Japan during their working periods, they became in favor of more westernized lifestyle than what this house originally aimed for, eclectic lifestyle in Showa period in Japan. Nevertheless  they decided to keep this house, and the task was to reenvision this space as a renewed hybrid of Japanese construction and western lifestyle with English antique furniture. Together with materiality, reorganizing and reusing architectural elements was a key, to sustain the time of this house yet to update the space as the one which can be enjoyed longer time in a day. A shift of the stair case entirely changed the spatial composition. 

閑静な住宅街の一角に建つ昭和の在来木造2階建注文住宅を、海外赴任から戻り、子どもも独立し定年後二人世帯となったオーナー夫妻のこれからの住まいとして改修した。海外生活を長く経験したクライアントは、既存住宅の建設時に意図された和洋折衷のライフスタイルではなく、より洋式のライフスタイル・空間を志向するようになった。それでもこの家を住み継ぐことを引き受け、在来木造の構造をあらわしながら、海外で揃えたアンティーク家具と調和する、落ち着いた色調・素材で和洋の要素がハイブリッドする空間を整えている。耐震・断熱改修および床暖房導入を含めた設備更新を施すとともに、隅にあった階段を建築の中央に移動させる単純な操作によって、各室が分節されたこれまでの仕事中心のライフスタイルから、緩やかな上下空間のつながりを享受できる、この住宅で時間をすごすことの豊かさを最大化するような構成に転換している。またガラスブロックや階段支柱などの既存要素を再構成・再利用し、この住宅の時間を引き継ぐことを意図した。