伊藤維建築設計事務所
1.JPG

Long Island Community Art Center / 2014

A design and a series of workshops for making a community art center in one of the US suburbia, where there are several issues on immigratns from different countries. An artist raised the voice to unite the community with art / art education, and we as designers proposed the design in three different scales. The smallest one is a set of transformable furniture which can be table-chair sets and dirrerent types of stages for perfonming arts. After the discussions with the artist and funding NPO, we made this furniture set with people in the community through a workshop, as well as providing usage workshop and trial of second stage design (exterior). In the exterior design in the second phase, we proposed the four pavilions with the module of built furniture to enhance open-ended community making process in the future. 

ニューヨーク郊外、ロングアイランドのあるコミュニティのためのアートセンター整備計画。異なる国からの移民によるコミュニティで、移民にまつわる様々な社会的課題に加え、移民同士の不和も課題となっていた。演劇を軸としたアート・教育・コミュニティセンターを資金を募りながら徐々に整備すべく、3つのスケールで提案を行った。最も小さなスケールは、様々なパフォーマンスに対応したステージやひな壇に変形できるテーブル・椅子のセットをコミュニティの人々と一緒にワークショップで製作するもので、高精度ではなくても機能するディテールや耐久性、コストなどに考慮し、アーティストと議論の上実現した。6色のカラースキームは、コミュニティの人々の出身国の国旗から抽出している。家具製作ワークショップの際には模型を持ち込んで使い方を一緒に考えるセッションや、第二次計画のトライアルも兼ねた屋外空間の設えも試みた。ワークショップの場そのものも、アート・ものづくりを通してより密なコミュニティをつくりあげるプロセスの一部となっている。2次計画の外部空間は、家具のモジュールをそのまま展開してオープンエンドな活動を支える4つのパビリオンを提案した。(2014年一部竣工)