伊藤維建築設計事務所
06_emp.jpg

Office Empath / 2018

An office interior designed for a global start-up firm Empath, who deals with AI technology of voice recognition + emotion analysis. Simply dividing a deep tenant space (at 7th floor with windows at both edges) into two, we created contrasting spaces; a free-address/common space open to everyone, and a secured working space for in-house software development. The meeting rooms are situated in between so that they can belong to both spaces upon situation.  AI, which aims for optimization by deep learning, and human emotions, which escape (or want to escape) from optimization as much as possible. For the team who connects such two contradictory things, in order to contemplate and to deepen discussions, ‘open space’ would better be a space where its meaning would not become determined - sometimes bringing in external world and others, a space whose perception would transform. By abstracting and repeating doors, a basic and fundamental element of architecture, which becomes the protagonist of the space, the behavior of people/environment is maximally perceived.

音声認識AIによる感情解析技術を開発するグローバル・スタートアップ企業、「Empath」の新社屋を設計した。奥行きが深く両端に開口部を持つテナント空間(7階)を明快に分割し、フリーアドレスで社外の人でも立ち寄ることのできる「オープンスペース」、開発環境のセキュリティを担保する執務空間、そしてその中間に、どちら側にも属せる大小のミーティングスペースを確保した。深層学習によって最適化を志向するAIと、最適化からどこまでも逃れていく(あるいは逃れたいであろう)と思われる人間の感情。この一見相矛盾する二つの事象を結びつけるチームが、思索を巡らせ、議論を深める場所として、「オープンスペース」は、意味の凝固しきらない空間、時に外部の世界や他者を取り込み、変化を感じられる空間であると良いと感じた。そして外形のない「感情」に取り組む企業のアイデンティティを体現すべく、加算的・装置的な多室空間によってではなく、できるだけシンプルな一室空間でそれを実現することが望ましいと考えた。人の動かす「建具」という基本的な建築言語の抽象化・反復によって、背景としての空間でありながら、テクスチャや人・環境の機微が最大限に知覚されることを企図した。それは自閉・自己完結することの多い典型的な基準階のテナントに、ひとや都市、環境のダイナミズムに開かれた空間を挿し込み、コモンスペースの下地を現前させる、ささやかな試みでもある。

Office Empath

An office interior designed for a global start-up firm Empath, who deals with AI technology of voice recognition + emotion analysis. 

Simply dividing a deep tenant space (at 7th floor with windows at both edges) into two, we created contrasting spaces; a free-address/common space open to everyone,